季節変わると、テレビCMやファッション雑誌などで新商品のコスメが宣伝されます。ファンデーション同様、口紅などの口元のメイク品も季節によって新商品・新色が発売されますから、季節にあった口紅をその都度買い替える女性も多いでしょう。ですが、悩むのは自分に似合う色選びです。広告になっているモデルが使用している口紅に惹かれて、モデル使用色を購入する人も多いですが、唇の色は人それぞれ違うので、自分の唇にのせてみたら、モデルとはなんとなく違う色になってしまったということも珍しくありません。ですから、口紅を選ぶときは自分の唇の色のことを考えて購入しなければいけません。新色のものであればドラックストアでサンプルをもらえることもありますし、化粧品の通販サイトからサンプルを取り寄せてサンプルなどで試せる場合も多いので、まずは自分の唇にのせてみて、自分の唇との相性を考えてみましょう。また、使用してみてすぐに色落ちしてしまうものや、つけた時は良くても、すぐに明度がなくなってしまうものは長時間の外出用には向きません。発色は良くても唇がすぐに乾燥してしまうような成分のものもあるので、使い心地も考えて選んでいくといいでしょう。

 

 

 

パーソナルカラーでリップカラーを選ぶ

hadaare01_m

 

人間には、性格や容姿にそれぞれ違いがあるように、個人個人で肌や髪、瞳の色などが違います。
一人一人のカラーがあるように、似合う色もそれぞれ違います。
その人に似合うカラーを「パーソナルカラー」と言います。
パーソナルカラーを知っておくことで、自分がどんな色が似合うのかを知る事ができ、それに合ったメイクをすることで、より美しくなる事ができるのです。特に、アイシャドウやリップカラーを選ぶ際には知っておくと得をします。
パーソナルカラーは、「春夏秋冬」の4タイプに分けることが出来ます。
「春」は、ツヤのある肌を持ち、明るく可愛らしい印象のタイプです。似合う色は、ピンクやオレンジといった元気な色です。唇にもピンクやオレンジをチョイスすると良いでしょう。
「夏」は、上品でエレガントなタイプです。似合う色は、グリーンやブルー、イエローといったさわやかな色です。唇にはビビットなピンクが似合います。
「秋」は、落ち着いたセクシーな印象のタイプです。似合う色はブラウンやベージュ、カーキで、唇にはピンクベージュが似合います。
「冬」は、クールでシックな印象のタイプです。似合う色はブラックやグレーで、唇には冴えるような赤が似合います。