» 未分類のブログ記事

愛されOLは華やかナチュラルな格好が一番いいのです。地味なOLは上司からも同僚からも目立たず相手にされません。また、目立たないからこそわざと目立たないようにして男性の気をひこうとしていると女性の先輩から嫌味を言われかねません。そうならないようにするためには派手すぎずおとなしすぎずのメイクを心掛けなければなりません。リップは赤すぎると水商売をしている人のように見えますし、薄すぎるとメイクをしていないように見え、ものさみしいように感じられます。グロスだけでも色付きであればかなり愛されるメイクになります。口紅だけそのまま塗るのではきつくなるのでできるだけ薄い色のものを選ぶかグロスも重ね付けするほうがきれいに仕上がるのです。華やかナチュラルを目指すためには唇のかさつきにも気を付けなければなりません。唇が荒れているとリップもきれいにつきません。リップクリームでケアをしていつもつるつるの唇を保っておくと口紅やグロスもきれいにつくのです。華やかナチュラルになるためには日々努力が必要なのです。寝ているときも起きているときもきれいにしておくことを心掛けなければなかなかきれいにはなれません。日々の努力が必要なのです。hadaare01_m

リップは季節や流行など、その時々によって「お洒落」と言われたり「イマドキっぽくて良い」とされている色やデザインがあります。
しかし世間でもてはやされている色を使ったからといって、必ずしもそれが好感度に繋がるわけではありません。
たとえば彼ママに初めて会うときは、何よりも「好感度」を与えるメイクが必須です。そのためにはメイクは流行をおさえた「お洒落」なものよりも、ナチュラルで品のある「清潔感」があることが重要です。
特に気を使うべきは、リップです。
人は会話をするとき、多くの場合目元や口元に目が行きやすくなります。ですから口元の印象一つで、その人自身の印象までも変わってくると言っても過言ではありません。だからこそ初対面の人に好感度を与えたい場合は、リップで好印象を与えるように心がけると良いでしょう。
では一体どんなリップが好印象を与えるのか。それは先述した通り「清潔感」があり、「ナチュラル」なリップです。
具体的にはベージュなど肌馴染みの良い、自然の肌色に近い色を選ぶと良いでしょう。ただし肌馴染みが良すぎてしまうと口元が沈んで見えてしまうので、程よく明るさが出るようなナチュラルなベージュピンクや淡いオレンジ系のリップも好ましいです。ピンク系は女性らしさを強調し、オレンジ系は健康的な印象を与えます。どのような印象を与えたいかで、色を選ぶのも良いでしょう。
しかしいずれの色にしても肌から浮かないナチュラルな色味を選ぶと清潔感が生まれ、年上の相手にも好印象を与えること間違いないでしょう。

女性の多くが普段からメイクをするケースが多いと思いますが、やはりデートのときともなると、メイクの方法も気合もまったく違うものになるはずです。

 

ただ、これから会う彼の顔や好みを思い浮かべながら、「本当にこのメイクでいいんだろうか?」などと、ちょっと自信がないと感じている女性も意外と多いのではないかと思います。特に、食事をしたり会話をしたりすることで心配になるのが、「口紅」です。

 
そこで、ここでは「特別な日のメイク術」について、特にリップに関するメイクの方法を考察してみたいと思います。

 
そういう日のメイクでまず気をつけなければならないのは、「食事をしたときにメイクが落ちないようにする」ということです。

 

それはつまり、「長時間口紅がくちびるにとどまる」ということを意味するわけですから、そのための方策をとる必要があります。

 
そういうときには、口紅を塗る前にリップクリームで下地をつくっておいて、その上から口紅を塗ると効果が上がります。しかも、リップクリームはかなりたっぷりめに塗って下地をしっかりとつくることが重要です。もちろんクリームを塗ったあとのティッシュオフは忘れないようにしてください。

 
これで、くちびるに直接口紅を塗るよりははるかに長時間口紅をキープすることができるようになります。

バブル時代に流行したようなメイクや服装が今流行っています。特に赤リップのブームは再燃中で様々な美容雑誌で特集が組まれています。しかし、塗り方一つで古臭く見えてしまいがちでべったりとキツイ印象を与えかねないこの色を取り入れたメイクをする時は質感を重視することが大切です。
マットなリップをベッタリと唇の輪郭いっぱいに広げて塗ってしまうとどうしても唇の印象が強くなりがちです。そこで潤いや保湿成分のある口紅で艶のある感じを演出することでくどくもならず今時のメイクに馴染みます。赤にも色々な赤がありますから、自分の肌に合う赤色を店員さんや百貨店のビューティーアドバイザーの人に相談して選んでもらうと良いでしょう。まず塗って試してみることも大事です。
塗り方としては普通の口紅と一緒です。マットなものは唇の中心に色を濃く乗せて輪郭ギリギリまでいかず内側までで止めておきます。その次に指の腹でぽんぽんとぼかすように塗ると自然な唇になり、これをステインリップと呼びます。こうすることでマットなリップの質感を活かすことが出来ます。今は赤い色の強く出るグロスもありますから、つやつやの仕上がりが好みの人はグロスを使うのもおすすめです。
またアイメイクをシンプルにして唇を目立たせることも大事です。単色でグラデーションを作ったり薄くシャドウを乗せることでより唇の存在や色を引き立たせましょう。

最近、40代になってからも、年齢を感じさせない美しい女性がとても増えました。美魔女と呼ばれる美しい女性達の事です。

 
彼女達の美しさは日頃の地道な努力によるものも大きいでしょう。

 
そして、それだけではなく、自分を素敵に見せるメイクの仕方をよく研究して知っているからという事もあるでしょう。決して、昔のままのメイクではなく、その時その時の自分の良さを生かしたメイクをしているはずです。

 
では、美魔女になるのにはどのようなメイクがよいのかという事ですが、口紅を例に挙げてみましょう。まず、自分が好きな色、使いやすい色というのがあると思いますが、それは今の自分に一番似合っているとは限りません。

 
年齢が高くなると、唇の色は少しくすむ人が多くなります。ですから、落ち着いた感じの色が好きだからと言って、あまり暗い感じの色を使うと、不健康に見えやすい事があります。鏡の前でチェックしてみましょう。少し赤味がある口紅のほうが、元気そうに、はつらつとして見える事が多いです。

 

唇の色のくすみが強い人の場合には口紅の赤味が加わると、とても良い色になる事が多々あります。不思議と、若い時には使えなかったピンク色が、逆に似合うようになる事も多いです。

 
いくつになっても自分らしく美しくいるためには昔のままのメイクではいけません。口紅などは2色混ぜて使っても良いのです。

 

その時の唇の色によって混ぜる割合を変えるのも良いアイディアです。

 
艶が足りなければ、グロスを使いましょう。
大切な事はその時その時の良さを最大限に生かすメイクを研究をする事でしょう。

男性が女性らしさを感じる部位で上位に入るのが唇です。ツヤがあってうるうるした、ふっくらした唇。女性ならこんな唇に憧れる人も多いのではないでしょうか。今日はあこがれの唇に近づくリップメイクの方法をご紹介しましょう。
メイクの前にまずはリップケアをしっかり行う必要があります。唇が乾燥していると化粧のノリが悪く、メイクをキープすることができません。口紅を塗る前に必ずリップクリームをたっぷり塗るようにしましょう。唇が荒れている時は保湿成分を含んでいるリップクリームが効果的ですが、それでも気になる人はハチミツパックを試してみましょう。用意するのはハチミツとラップです。どちらも普通のスーパー等で手に入るもので大丈夫です。パックの方法は唇にハチミツをたっぷり塗り、その上からラップをし、10分間放置するだけです。その後、唇に残ったハチミツを優しく拭き取りましょう。唇が荒れている人はこれを1週間程度続けると、効果がはっきり分かります。

hadaare01_m
保湿ケアをしたらメイクです。まずはリップ用のペンシルでの輪郭を描きます。唇の中心から外側に向かって縁をなぞっていくと良いです。下唇の輪郭を太めに書くと立体感が出てふっくらします。次に口紅ですが、同じく中心から外側に向かって塗るようにしましょう。グロスとの二度塗りが面倒な人は、少しラメが入った色合いのものを選ぶと良いでしょう。最後に、グロスを塗ります。グロスを塗ることで、よりうるうるしたリップに見せることができます。
今日からリップケアとメイクを少し丁寧に仕上げて、女子力を高めてみませんか。

メイクは目元、肌を美しく見せるファンデーションも大事ですが、リップライナーも大事です。

 

どんなに綺麗に肌のお化粧をしても、口元がガサガサで艶がなければ魅力的な女性には見えません。

 

ですから、お出かけ時にあまり多くの化粧品は持ち歩かないという女性でも、口元コスメは常に持ち歩いているという人も多いでしょう。

 

また、冬の乾燥の季節はすぐに唇も渇いてしまって色が落ちてしまうことも多いので、口元コスメは特に注意しておきたい部分でもあります。

 

口元コスメの色の出や塗り方の違いで顔の印象も違ってくるので、口元コスメ選びは慎重に行うといいでしょう。選ぶときは、見本の色はもちろんですが、実際に自分の唇にのせてみた時の感じも覚えておきましょう。

 

試してみるとイメージと違った色に見えることがありますし、口元メイクの硬さや太さによって、塗りやすいものと塗りにくいものがあるでしょう。

 

硬さがイマイチだと、唇にのせた時滑らかに色を塗ることができませんし、すみっこまで美しく色の線を引くことができません。

 

また、唇がカサカサしている時だと唇に引っかかってしまうこともあります。

 

色はもちろん、滑らかな仕上がりになるようなものを選択しましょう。

リップグロスを選ぶポイントについては発色が良く、つやがしっかりとしていて持ちが良い事があげられます。特に乾燥してくる冬の季節は唇のつやつや感は大切になってきます。色ははっきりしているものもありますが、透明のグロスの自然な感じで人気があります。グロスを選ぶ時にはテスターがあるのでしっかりと比較して選ぶ事も大切になってきます。現在は美容液成分も入っているものもあるのでつけてあげるだけで唇が美容効果もありますし、見た目も華やかでダブルで効果を発揮してくれます。発色やツヤは自分に合うかどうかはつけてみないと分からないので試してみることが大切です。ぷっくりと立体感が出るようなものもあるので、唇を強調させたい人にとっては人気があります。また乾燥してくる季節にとって大切なのが保湿効果がしっかりあるとしっとりした唇を保つ事が出来るので大切です。またカバンの中に入れておいてすぐに出して使うことが出来る様にコンパクトな設計になっているものも人気があります。クラッチバックなどバック自体がコンパクトな場合は荷物を最小限にしたいものですが、しっとりした唇を保つためにグロスは大切です。そんな時は小さなものが人気です。

hadaare01_m