リップは季節や流行など、その時々によって「お洒落」と言われたり「イマドキっぽくて良い」とされている色やデザインがあります。
しかし世間でもてはやされている色を使ったからといって、必ずしもそれが好感度に繋がるわけではありません。
たとえば彼ママに初めて会うときは、何よりも「好感度」を与えるメイクが必須です。そのためにはメイクは流行をおさえた「お洒落」なものよりも、ナチュラルで品のある「清潔感」があることが重要です。
特に気を使うべきは、リップです。
人は会話をするとき、多くの場合目元や口元に目が行きやすくなります。ですから口元の印象一つで、その人自身の印象までも変わってくると言っても過言ではありません。だからこそ初対面の人に好感度を与えたい場合は、リップで好印象を与えるように心がけると良いでしょう。
では一体どんなリップが好印象を与えるのか。それは先述した通り「清潔感」があり、「ナチュラル」なリップです。
具体的にはベージュなど肌馴染みの良い、自然の肌色に近い色を選ぶと良いでしょう。ただし肌馴染みが良すぎてしまうと口元が沈んで見えてしまうので、程よく明るさが出るようなナチュラルなベージュピンクや淡いオレンジ系のリップも好ましいです。ピンク系は女性らしさを強調し、オレンジ系は健康的な印象を与えます。どのような印象を与えたいかで、色を選ぶのも良いでしょう。
しかしいずれの色にしても肌から浮かないナチュラルな色味を選ぶと清潔感が生まれ、年上の相手にも好印象を与えること間違いないでしょう。